スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GOSICK -ゴシック-
2011年06月27日 (月) | 編集 |
~ストーリー~
第一次世界大戦後のヨーロッパ。久城一弥はソヴュール王国の貴族の子弟のために作られた寄宿学校である聖マルグリッド学園に留学生として在籍していた。また一方、学園の図書館塔の上にある緑に覆われたその部屋では妖精のような少女・ヴィクトリカが自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を待っていた。二人の出会いが、全ての始まり。
第1話「黒い死神は金色の妖精を見つける」

第2話「死者の魂が難破船をおしあげる」

第3話「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」

第4話「金色の糸はつかのまを切り裂く」

第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

第7話「夏至祭に神託はくだされる」

第8話「過去の王国に遠吠えがこだまする」

第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」

第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」

特別番組「春来たるGOSICKスペシャル -美しき怪物は混沌の先を視る-」

第11話「そのドリルは雄弁に愛を語る」

第12話「夏の午後に蝉の声を聞く」

第13話「愚者は己の代弁者を指名する」

第14話「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」

第15話「二匹の怪物は心をかよわせる」

第16話「落下するマリアは蠅の頭をもつ」

第17話「螺旋の迷宮にその箱はねむる」

第18話「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」

第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」

第20話「ファントムの幽霊に導かれる」

第21話「聖夜の鐘は刻を追いたてる」

第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」

第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」

第24話(最終話)「死神の肩越しに永遠をみる」

オープニングテーマ
「Destin Histoire」
歌 - yoshiki*lisa

エンディングテーマ
「Resuscitated Hope」
歌 - コミネリサ

「unity」(第13話 - 第24話)
歌 - コミネリサ

公式HP
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。